人間という生物には、二つの共存するところがあります。それはなにかというと、中と外、つまり、見た目と臓器などの見えない中身というもの。人間は常に見える外側と、見えない内側を持ちながら生き続けているのですね。人には外側しかみせませんが、自分自身は内側も感じていると思います。
だって、お腹がいたい、頭が痛いというのは、他の人と共感することができません。自分だけの感覚、自分だけの痛み、自分だけのもの、自分の内側というものは結局自分だけのもので、他の人のものにはなることはありません。これは心も同じでいくら自分が傷つこうと、嫌な気持ちになろうと嬉しかろうと、やっぱり人と共存していない部分の内側のお話として処理されてしまうのですね。
外側はどうでしょう?この外側というものは、一部の障害を持つ人達を除いてはだれにでも共存できるものだとは思いませんか?髪型、皮膚の色、目の大きさ、身長から服装、匂いまで、自分の外側にはなっているものというのは、誰でもが共感できて、共存できているものなんですね。

物理的に考えて、皮膚一枚しか変わらないこの内側と外側なのですが、こういったものに問題があった時にいくのが内科や整形外科ではないでしょうか??内側の問題を解決する内科、外側の問題を解決する整形外科、このどちらもが、人類の医療としてなりたっています。
私達は自分ひとりでは内科でも整形外科にいってもなにもすることができません。実際に先生がいて、そして中のことや外のこと、問題を発見して、そして私達は寝ているだけで解決してしまうというものがあるので、これには本当に助け合いという言葉がお似合いだと思います。
整形外科の先生だって、自分だけで自分の背中の皮膚の手術はできませんし、内科の先生も自分の肝臓の手術はできません。

皆、助けあって生きている。ということなんですね。

ベテラン医師に大腸内視鏡検査をしてもらいたいなら:名古屋周辺で評判の大腸内視鏡検査ランキング

カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930